同人誌サークル「ふたつ星倶楽部」のブログです。2017年現在、上海におります。次の参加イベントは未定です
by satsukijin
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
以前の記事
2019年 07月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2016年 08月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
タグ
超时空同居 感想
一年に何百本も映画を見るような映画マニアではないけれど、自分の備忘録として観た映画の感想を書き記していこうと思います。

■基本データ
「超时空同居」
公開 2018年5月
監督 苏伦
脚本 苏伦
出演者 雷佳音、佟丽娅 ほか

■見た場所
上海の映画館



■感想
中国語の勉強を兼ねてちょくちょく中国映画を見ています。
この「超时空同居」もそのひとつ。1999年と2018年の同じ部屋が突然くっついてしまい、そこに住んでいる男女が一緒に住むハメになるという恋愛コメディ映画です。
時間テーマのSFといえばSFといえなくてもないですが、その辺は、明白にわざとぼかした設定&表現で制作していて、SF映画を見たい人の気持ちには応えてはくれない映画ではあります。その理由は後述します。





主人公は仕事がうまくいかずお金に困っている谷小焦(佟丽娅)と、投資での成功を夢見る陆鸣(雷佳音)のふたり。出会ったときにはどちらもお金がない様子がコメディタッチで描かれるのですが、次第に、陆鸣が2018年の上海で成功していることがわかってきます。しかし、現代の陆鸣は1999年の陆鸣と違い、冷たく暗い人物になってしまっていて…。

佟丽娅のオーバーな演技がかわいらしく、雷佳音が時人柄の変わってしまった人物を巧みに演じ分け、このふたりのいい役者さんが大健闘している映画だと思います。

気になったのは、ふたりが2018年の情報を元に1999年の当選している宝くじを買った場面。なんの説明も前触れもなく、買った瞬間くじが消えてしまいます。
中国の映画やドラマにはいろいろ規制があって、その一つに「不道徳なことは描かない(項目ごとに基準がある)」というものがあります。おそらくそれの規制に沿って宝くじが消えてしまったのかもしれません。それなら、そんな場面自体を脚本に描かなければいいと普通は思いますが、制作側としては、分かる人に規制を気づいてもらいたいってことなんでしょうか。考え過ぎか。

他に「時間旅行テーマはNG」というのもあります。なんでも歴史を書き換えたりするのはダメなんだそうで、そのせいか「ウソ科学をこしらえてでも根拠を作る」というSFとして重要なことをすっとばして、無理矢理年代の違う部屋をくっつけて、1999年と2018年を行き来し強引に物語を進めていきます。制作側としては、部屋がくっついただけ、時間旅行じゃないってことなんでしょうか。ホントにこのあたりの中国事情は理解に苦しみます。はっきりいって「身内の都合」以外のなにものでもないと思うので。ヨソ者の僕らには関係ない、というか。

この映画、こうした共産党の干渉がビミョーに気になる映画ではあるのですが、役者さんのがんばりが観客を楽しませてくれる映画です。


[PR]
by satsukijin | 2018-07-28 19:01 | 映画ドラマ感想
<< 后来的我们 感想 ブログの修正をしました >>


カテゴリ
最新の記事
后来的我们 感想
at 2018-07-29 15:00
超时空同居 感想
at 2018-07-28 19:01
ブログの修正をしました
at 2018-06-28 02:01
ジュラシック・ワールド 感想
at 2018-06-24 21:54
トップ絵を更新しました
at 2018-03-25 21:01
記事ランキング
その他のジャンル