同人誌サークル「ふたつ星倶楽部」のブログです。2017年現在、上海におります。次の参加イベントは未定です
by satsukijin
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2016年 08月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 09月
第1話「バイオニック・ジェミー誕生」
第1話「バイオニック・ジェミー誕生」
(WELCOME HOME, JAIME/PART-1)

 単独TVシリーズ化の第1話目です。
 この第1話は「バイオニック・ジェミー」の親シリーズ「600万ドルの男」からの続きという体裁を取っています。

冒頭は「600万ドルの男」での、バイオニック手術後にいったん死んだと思われたジェミーが、いかに死の淵から生還したかの報告をゴールドマン局長がテープレコーダーに録音しているという、重〜い雰囲気のシーンで始まります。
第1話はストーリーらしいストーリーもなく、「ジェミーは再度バイオニックの適合手術を受ける」→「記憶喪失から回復する」→「舞台をオーハイへ移す」→「ジェミーを学校の先生にする」→「スティーブを任務という名目でドラマから退場させる」というようにその大半を使ってジェミー単独でもストーリーを進めることができるように、設定を整えることに費やしています。
 
なにしろいったんストーリー上で殺してしまったキャラクターを生き返らせて一本ドラマを作ろうというのですから、よくよく考えてみればムチャな話ですが、といって「600万ドルの男」からのスピンオフ作品という前提なので設定をすべてチャラにすることも出来なかったのでしょう。
 
つじつまの点はともかく、雰囲気の点でも暗くてお芝居も堅く、この作品の特徴である、明るくて優しいユーモアのある会話のやりとりはまだ見られません。
そんな訳で「バイオニック・ジェミー」という作品の実質的な独立はまだまだこれからといった感じの第1話です。
 
「ペーパーチェイス」に出た頃や、この時期のリンゼイ・ワグナーはシリーズ後半と比べるとちょっとふっくらしていて、リンゼイが一番綺麗な時と言っていいかもしれませんね。
[PR]
by satsukijin | 2006-09-22 23:37 | Comments(0)
<< 第1話 キャプテンスカーレット誕生 「立ち読みページ」ちょっと更新 >>


最新のコメント
記事ランキング
タグ
その他のジャンル